日本聴力障害新聞2024年6月1日号の紹介(手話動画)
日本聴力障害新聞2024年6月1日号を発行しました。
中橋道紀編集長(機関紙部長)より主な紙面内容を手話で紹介します。
【発行!】日本聴力障害新聞2024年6月1日号(第894号)
日本聴力障害新聞2024年6月1日号(第894号)

●能登半島地震 被災前の生活へ一歩!(1面)
 やなぎだハウス修繕完工式 利用者が4カ月ぶりの再会を喜ぶ

●国連・障害者権利委員会 田門弁護士が委員に立候補
 アジア太平洋初のろう者の委員に挑戦(1面)

●帝国劇場のバリアフリー化を!(4面)
 きこえない観劇ファンら東宝に2万1000筆の署名を提出
 合理的配慮を国に要望

●地域で、多様性と寛容性のある難聴児支援の構築を(7面)
 「難聴児支援の中核機能に関する研究調査」報告書から

●【優生保護法問題】(8面)
 ・大津訴訟で判決 請求した情報の8割の開示命じる
  森記者「強制不妊手術の実態解明が大きく前進」
 ・映画『沈黙の50年』ついに完成
  5月4日に神戸市で先行上映会が実施される

●広島ドラゴンフライズの試合会場で
 デフリンピックと手話言語をアピール!(12面)

●最後の沖縄国際映画祭で、沖縄県聴覚障害者協会が
 デフリンピックや手話言語をアピール(12面)

●全国ろうあ者大会 和歌山で今月開催
 第39回全国写真コンテスト入賞者を発表(2面)

●学習会で心を一つに 島根県ろうあ連盟(3面)
 「県の手話言語条例は諸課題の解決に必要」

●手話言語条例を効果的に使おう (3面)
 ~総合的かつ計画的な施策推進のために~(9)東京都世田谷区

●今年は全通研の創立50周年!(3面)
 鹿児島での第57回サマーフォーラムで祝おう
 参加申し込み締切は6月14日

●令和6年度報酬改定は
 利用しやすいサービスになっているか?(5面)

日本聴力障害新聞についてはこちらへ

季刊みみ第183号(2024年春季号)発行
季刊みみ第183号(2024年春季号)

特集「連れもていこら! 和歌山へ」

 2024年6月に和歌山で全国ろうあ者大会が31年ぶりに開催されます。この地の手話、名所や名物、そして、和歌山のエネルギッシュな運動をお伝えします。

<カラーグラビア・記事>
 ・第72回全国ろうあ者大会 in わかやま
 ・“陸の孤島を救え!”令和6年度能登半島地震

<連載>
 ・聴くを考える 視るを考える 第80回…
  「他人(ひと)と映画を観るということ」 前田 亜紀さん(映画監督)
 ・お気に入りの百名山… <北岳>  齊藤由利子さん(静岡県)
 ・みみちゃんの質問コーナー… アンバサダー・アーカイブ
 ・新しい手話… 犯罪に関する表現特集
 ・連載『共鳴 撮る×詠む』№11 齊藤陽道さん 
   他

<特報記事>
 ・NHKドラマ『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』の手話版制作に携わって
 ・米内山明宏氏を偲ぶ会
 ・第36回ろうあ相談員研修会&第27回ろうあ者労働問題フォーラムほか
 ・2023年度機関紙担当者研修会

季刊みみについてはこちらへ

僕も、私も読んでます!~日聴紙とMIMIに寄せるろう青年の声②(手話動画)
全日本ろうあ連盟青年部が、ろう青年9人に
日聴紙とMIMIへの所感をインタビューしました
『道 ~ろうあ運動を支えた人びと~』の紹介(手話動画)
ろうあ運動を支えた36人を写真と文で伝える『道~ろうあ運動を支えた人びと~』。
全日本ろうあ連盟の石野富志三郎理事長が、
北野雅子さん(石川県)と大矢暹さん(兵庫県)をとりあげ、
本書の魅力を紹介しています。本書の詳細はこちらへ
全日本ろうあ連盟青年部中央委員が日聴紙特製バインダーを紹介(手話動画)
全日本ろうあ連盟青年部中央委員4人が日聴紙特製バインダーの利点などを紹介します。
バインダーの詳細はこちらまで

日本聴力障害新聞縮刷版第12巻 2021年10月に刊行
日本聴力障害新聞縮刷版第12巻

A4の大きさ、発行当時のカラー紙面がそのままカラーで読めます。

運動の歴史・息吹を感じ取ろう!

日本聴力障害新聞縮刷版第12巻
(2016年1月1日号~2020年12月1日号)

定価 9,350円(税込・送料別)(※送料は、DVDとご一緒の注文も同額となります)

お申し込みはこちらまで。

僕も、私も読んでます!~日聴紙とMIMIに寄せるろう青年の声