日本聴力障害新聞2024年2月1日号の紹介(手話動画)
日本聴力障害新聞2024年2月1日号を発行しました。
中橋道紀編集長(機関紙部長)より主な紙面内容を手話で紹介します。
【発行!】日本聴力障害新聞2024年2月1日号(第890号)
日本聴力障害新聞2024年2月1日号(第890号)

●【能登半島地震】(1・2・12面)
 〝陸の孤島〟を救え!! 石川県本部ら支援に動く
  被災ろう者や1月15日までの救援行動の様子を掲載

●きこえない・きこえにくい人の司法アクセスの保障を!(8面)
 韓国では、傍聴にも負担なく情報保障

●「黙っていたら被害額が減額されるのは不条理」
 安優香さん事故死訴訟 専門家2人の所感(8面)

●旧優生保護法の被害者たちの証言映画
 『沈黙の50年』5月から上映予定
 制作委員会が上映への協力呼びかけ(10面)

●〝手話でつながるまち〟めざして施策が拡充
  北海道石狩市、条例制定から10年(3面)

●箕面市で手話言語条例と情コミ条例を同時制定
 大阪府で初(3面)

●連盟が立教大学とともに手話言語とデフスポーツを啓発
 『咲む』と『みんなのデフリンピック』上映会を開催(4面)

●総務省が令和4年度の
 手話放送の実績を発表(7面)

●ろう者初の映画監督の功績を後世に(5面)
 深川勝三監督の生誕100年 記念事業をこれから全国で

●「諦めずに挑戦していこう!」(5面)
 埼玉協会 「新成人を祝う会」に対象者全員が出席

●〝チーム支援〟への理解深める
 相談員研修&労働問題フォーラム(6面)

●運動を支える職員の労いの場をこれからも!
 連盟 全国専従職員研修会を岩手で開催(7面)

日本聴力障害新聞についてはこちらへ

季刊みみ第182号(2023年冬季号)の紹介(手話動画)
2023年12月に発行した季刊みみ第182号の特集テーマは、
ろう者という少数派の中の「ろうLGBTQ+」というさらなる少数派の生きづらさです。
特集の中で、全日本ろうあ連盟国際委員会の嶋本恭規委員長が座談会のコーディネートを務めました。
嶋本委員長が座談会の所感とともに、182号を手話でPRします。
季刊みみ第182号(2023年冬季号)発行
季刊みみ第182号(2023年冬季号)

特集「考えよう、ろうLGBTQ+の生きづらさ」

 社会の女性像、男性像を押しつけられ、生きづらさを感じている人たちがいます。「ろう者という少数派(マイノリティ)の中の少数派、ろうLGBTQ+」をテーマに、座談会、寄稿、当事者の団体紹介、当事者や当事者以外の方々612人からいただいたアンケート回答の分析などで問題を掘り下げます。

<カラーグラビア・記事>
 ・東京2025デフリンピック エンブレム決定
 ・第19回 世界ろう者会議
 ・9・23 手話言語の国際デーで啓発活動
 ・全国聴覚障害者写真コンテスト入賞作品2(課題写真部門)

<連載>
 ・聴くを考える 視るを考える 
   第79回…「すべては『自分事』」」 小佐野 彈さん(歌人・作家・実業家)
 ・お気に入りの百名山… <富士山>  齊藤正比己さん(静岡県)
 ・みみちゃんの質問コーナー… ソロ活・エンブレム
 ・新しい手話… 性に関する表現特集
 ・連載『共鳴 撮る×詠む』№10 齊藤陽道さん 
   他

<特報記事>
 ・第40回 全国高校生の手話によるスピーチコンテスト  
  第10回 全国高校生手話パフォーマンス甲子園
 ・だれもが文化でつながるサマーセッション2023

季刊みみについてはこちらへ

僕も、私も読んでます!~日聴紙とMIMIに寄せるろう青年の声②(手話動画)
全日本ろうあ連盟青年部が、ろう青年9人に
日聴紙とMIMIへの所感をインタビューしました
『道 ~ろうあ運動を支えた人びと~』の紹介(手話動画)
ろうあ運動を支えた36人を写真と文で伝える『道~ろうあ運動を支えた人びと~』。
全日本ろうあ連盟の石野富志三郎理事長が、
北野雅子さん(石川県)と大矢暹さん(兵庫県)をとりあげ、
本書の魅力を紹介しています。本書の詳細はこちらへ
全日本ろうあ連盟青年部中央委員が日聴紙特製バインダーを紹介(手話動画)
全日本ろうあ連盟青年部中央委員4人が日聴紙特製バインダーの利点などを紹介します。
バインダーの詳細はこちらまで

日本聴力障害新聞縮刷版第12巻 2021年10月に刊行
日本聴力障害新聞縮刷版第12巻

A4の大きさ、発行当時のカラー紙面がそのままカラーで読めます。

運動の歴史・息吹を感じ取ろう!

日本聴力障害新聞縮刷版第12巻
(2016年1月1日号~2020年12月1日号)

定価 9,350円(税込・送料別)(※送料は、DVDとご一緒の注文も同額となります)

お申し込みはこちらまで。

僕も、私も読んでます!~日聴紙とMIMIに寄せるろう青年の声