日本聴力障害新聞2023年12月1日号の紹介(手話動画)
日本聴力障害新聞2023年12月1日号を発行しました。
中橋道紀編集長(機関紙部長)より主な紙面内容を手話で紹介します。
【発行!】日本聴力障害新聞2023年12月1日号(第888号)
日本聴力障害新聞2023年12月1日号(第888号)

●東京都が「みるカフェ」を期間限定で営業
 東京2025デフリンピックまであと2年(1面)

●福島県で「デフリンピックフェスティバル」
 子どもを対象にデフサッカー体験や手話講座

●いつでも安心して社会参加できるように(5面)
 盲ろう者の問題を考える

●「手話言語条例制定の道を」
 滋賀県の〝一体型〟とする考えに
 県協会が単独型の重要性を訴え(3面)

●【優生保護法問題】(1・8面)
 ・命あるうちの全面解決を 優生連が全国集会
 ・最高裁が違憲に係る統一判断へ=優生連が声明=
 ・大津、大阪、第2次福岡訴訟の情報も

●安優香さん事故死訴訟 控訴審第1回裁判(8面)
 「差別を許さず、社会を変える裁判に支援を」

●宇都宮黙霖の胸像建立 除幕式で120人が祝う
 “全ての人が大切にされる世を”呉市(広島県)で(7面)

●救急時の対応を手話で 福島県郡山市(3面)
 市と消防が協力して遠隔手話サービス

●創立100周年記念式典で戦争語り継ぎ、平和願う
 浜松聴覚特別支援学校 協会に感謝状(4面)

●盗撮犯の検挙に貢献 長岡聾学校の本田空太さん
 (4・10面「話題のひと」)

●第53回全国ろうあ女性集会(茨城)と
 第57回全国ろうあ青年研究討論会(和歌山)(6・12面)

日本聴力障害新聞についてはこちらへ

季刊みみ第181号(2023年秋季号)発行
季刊みみ第181号(2023年秋季号)

特集「いきいき老いる、たっぷり生きる」

 誰もが直面する「老い」。ろう者が、体が不調になっても認知症になっても、この社会に生きる一人として、ありのままに心穏やかに暮らせるためには何が必要でしょうか。支援関係者の寄稿などからいきいきと、たっぷり生きる方法を探ります。

<カラーグラビア>
 ・全国の聴覚障害者向け老人ホーム(兵庫・埼玉)
 ・全国聴覚障害者写真コンテスト入賞作品1
 ・第71回全国ろうあ者大会inおおいた
 ・連載『共鳴 撮る×詠む』 №9

<連載・聴くを考える 視るを考える>第78回
 「全国各地のろう者が生きがいを
  感じられる“居場所”の設置・運営を」 大矢 暹

<記事>
 ・きこえない当事者の学校での体験、要望のヒアリング調査まとめ(概要)
 ・長引く戦争避難 ウクライナろう者たち
 ・漫画家イエナガの複雑社会を超定義
  「手話のスゴさを15分で伝えるなんて無謀だった!?」を制作して
 ・NHK手話アニメーション「しゅわわん!」を制作して
 ・「こんにちは!加盟団体とともに歩んでいます!」②(神奈川・和歌山)

<みみちゃんの質問コーナー>
 G7・GPT

季刊みみについてはこちらへ

僕も、私も読んでます!~日聴紙とMIMIに寄せるろう青年の声②(手話動画)
全日本ろうあ連盟青年部が、ろう青年9人に
日聴紙とMIMIへの所感をインタビューしました
『道 ~ろうあ運動を支えた人びと~』の紹介(手話動画)
ろうあ運動を支えた36人を写真と文で伝える『道~ろうあ運動を支えた人びと~』。
全日本ろうあ連盟の石野富志三郎理事長が、
北野雅子さん(石川県)と大矢暹さん(兵庫県)をとりあげ、
本書の魅力を紹介しています。本書の詳細はこちらへ
全日本ろうあ連盟青年部中央委員が日聴紙特製バインダーを紹介(手話動画)
全日本ろうあ連盟青年部中央委員4人が日聴紙特製バインダーの利点などを紹介します。
バインダーの詳細はこちらまで

日本聴力障害新聞縮刷版第12巻 2021年10月に刊行
日本聴力障害新聞縮刷版第12巻

A4の大きさ、発行当時のカラー紙面がそのままカラーで読めます。

運動の歴史・息吹を感じ取ろう!

日本聴力障害新聞縮刷版第12巻
(2016年1月1日号~2020年12月1日号)

定価 9,350円(税込・送料別)(※送料は、DVDとご一緒の注文も同額となります)

お申し込みはこちらまで。

僕も、私も読んでます!~日聴紙とMIMIに寄せるろう青年の声