日聴紙・季刊みみのウェブサイト

 

NEW!

日本聴力障害新聞2017年8月号 

23回夏季デフリンピック、開幕!(1、6面)

 日本選手団177人がトルコ・サムスン競技会場へ

参議院議員会館で壮行会を盛大に!

 

連盟理事17人が10の中央省庁へ一斉要望活動(1、2面)

 「聴覚障害者の暮らし等をよくするため」

 

竹島昭三郎さん(連盟元事務局長)逝去(1面)

 

西日本の豪雨で被災した聴覚障害者を支援(5面)

 

聴覚障害児・者と保護者を支える

「ひまわり」教室の取り組み(7面)

 

盲ろう者向けグループホーム

「ミッキーハウス」開所から4カ月(12面)

 

手話言語に関する条例の成立自治体が101に!(3面)

 

藤田威氏(日本画家で、連盟元理事)の生誕100年記念事業

 兵庫県新温泉町が 碑と解説板建立(10面)

コンビニエンスストア、銀行のATM、Edy、モバイルSuica、ネットバンキングなどでお支払いいただけます。   



季刊みみ156号(2017年夏季号)
 特集 こんな資格を持っています
 様々な資格を持って活躍しているろう者が増えています。
どのような資格を取って、どのように活かしているのか。また、なぜその資格を取ろうと思い、どのように勉強したのか。勉強する上で困ったことや不便に感じたことは何か、等々…。いろいろな体験談を集め、ご紹介しています。

<カラーグラビア>

 ・東京都立葛飾ろう学校 職業教育の今

 ・手話語の授業スタート! 北海道石狩翔陽高等学校

<聴くを考える 視るを考える> 
「有明海のムツゴロウと私たちの暮らし」
 舞根森里海研究所長 田中 克さん

★編集部ブログはこちら → http://blog.goo.ne.jp/jfd-q-mimi

 
サイト内検索
連想検索コーナー
ホームページ訪問者数
4297722
ありがとうございます。

道~ろうあ運動を支えた人びと~


 
 季刊みみにおよそ10年間にわたって掲載してまいりました連載「道~ろうあ運動を支えて~」を1冊の本にまとめ、発行しました。
ここには36人のろう者が、その伴侶や家族、地域の仲間と共に写った写真と文章で紹介されています。
その人生は、戦後の日本のろう者の貴重な記録であり、多くの悩みや苦しみを乗り越えて来た方々の姿は、障害の有無を越えて多くの人に勇気と希望を与えます。また、手話と仲間の存在がろう者にとってどれほど大切なものだったのかをわかっていただける一冊です。

 
 現在、全国の様々な自治体で、手話言語条例の制定が広まっており、その動きを先導している「手話を広める知事の会」会長の平井伸治鳥取県知事や「全国手話言語市区町会」会長の田岡克介石狩市長からもご推薦のお言葉を頂いています。


B5判 180ページ
定価:1,500円+税(別途送料が必要です)

お申し込みは、各都道府県の全日本ろうあ連盟加盟団体
または、全日本ろうあ連盟京都事務所へ
FAX:075-441-6147

 
漫画 「走者(ランナー)~大家善一郎物語~」

波乱に富んだ人生を全力で駆け抜けた一人のろう者の物語をマンガで描いています。
季刊みみ100号~112号掲載作品を一冊の単行本に!
原作は、大家善一郎著『回想』です。
 
価格/823円(本体762円、別途送料80円がかかります)
 
品切れとなりました。ありがとうございました。
ただし、加盟団体事務所に在庫がある場合がありますので、
お近くの加盟団体にお問い合わせください。


 
ブックレット版 「紙の機関車~日聴紙物語~」

 
日聴紙には、こんな波瀾に満ちた歴史があった!
 
日聴紙2001年6月1日号~2003年3月1日号の22回にわたって連載された漫画「紙の機関車」に解説などを増補。
読みやすいブックレットとして生まれ変わりました。

B5判美装、全56頁
価格/720円(税込、送料別)
企画編集/日聴紙編集部 
画/服部亜紀子
 
お申し込みはこちらまで。
 
購読お申し込みなど

掲示板は当連盟の新法人移行のため、リニューアル工事中

リンク先はFC2のサービスを利用しています。
 
お問い合わせ先
一般財団法人 全日本ろうあ連盟
京都事務所

〒602-0901
京都市上京区室町通今出川下ル
繊維会館1階
FAX/075-441-6147
TEL/075-441-6079
E-Mail/jdn@jfd.or.jp

携帯用サイト
 
編集部・事務所へのアクセスマップ
 
スポーツ委員会最新ニュース