日聴紙・季刊みみのウェブサイト

 

NEW!

季刊みみ154号(2016年冬号)

 特集  

 重複の仲間たちの暮らしと仕事

 1990年代、ろう重複障害者施設の建設運動が広がり、全国にろう重複の専門性を持つ入所施設が少しずつ増えて行きました。それから20─。障害者施策大きな転換を経て、現在ろう重複障害者の社会資源はどういった状況にあるのでしょうか。重複の仲間たちの暮らしと仕事の現状をご紹介します。

 

<カラーグラビア>

 ・全日本ろうあ連盟機関紙学校2016

 ・映画「段また段を成して」~全日本ろうあ連盟創立70年記念映画~

<聴くを考える 視るを考える> 宮下奈都さん

 <特報> 手話言語法制定推進事業 ベルギー調査<1>

★編集部ブログはこちら → http://blog.goo.ne.jp/jfd-q-mimi



日本聴力障害新聞2017年1月号 

●2017年の新春対談ゲストは、

 「V6」のメンバーで、「みんなの手話」

ナビゲーターの三宅健さん。

小中編集長が話をお伺いしました。(1~3面)

 

「安心した地域づくりへ!」

鳥取中部地震の被災で(1011面)

 

「手話マーク」と「筆談マーク」を普及しよう(1,8面)

 

広島県が情報提供施設を開所(8面)

 

20回全国聴覚言語障害者福祉研究交流集会を

京都で開催(11面)

 

50回全国ろう青年研究討論会を大分で開催(16面)

 

手話言語条例、全国で自治体の制定70に(12面)

 

「聾の言葉を残して」(13面)

 福島県立聾学校同窓会が校名変更の見送りを要請

 

早瀨憲太郎さん、アジア勢初の準優勝

デフ・ツール・ド・台湾(自転車競技)で(15面)

 

初夢クイズ(4面)も



コンビニエンスストア、銀行のATM、Edy、モバイルSuica、ネットバンキングなどでお支払いいただけます。   
 
サイト内検索
連想検索コーナー
ホームページ訪問者数
4278990
ありがとうございます。

道~ろうあ運動を支えた人びと~


 
 季刊みみにおよそ10年間にわたって掲載してまいりました連載「道~ろうあ運動を支えて~」を1冊の本にまとめ、発行しました。
ここには36人のろう者が、その伴侶や家族、地域の仲間と共に写った写真と文章で紹介されています。
その人生は、戦後の日本のろう者の貴重な記録であり、多くの悩みや苦しみを乗り越えて来た方々の姿は、障害の有無を越えて多くの人に勇気と希望を与えます。また、手話と仲間の存在がろう者にとってどれほど大切なものだったのかをわかっていただける一冊です。

 
 現在、全国の様々な自治体で、手話言語条例の制定が広まっており、その動きを先導している「手話を広める知事の会」会長の平井伸治鳥取県知事や「全国手話言語市区町会」会長の田岡克介石狩市長からもご推薦のお言葉を頂いています。


B5判 180ページ
定価:1,500円+税(別途送料が必要です)

お申し込みは、各都道府県の全日本ろうあ連盟加盟団体
または、全日本ろうあ連盟京都事務所へ
FAX:075-441-6147

 
漫画 「走者(ランナー)~大家善一郎物語~」

波乱に富んだ人生を全力で駆け抜けた一人のろう者の物語をマンガで描いています。
季刊みみ100号~112号掲載作品を一冊の単行本に!
原作は、大家善一郎著『回想』です。
 
価格/823円(本体762円、別途送料80円がかかります)
 
品切れとなりました。ありがとうございました。
ただし、加盟団体事務所に在庫がある場合がありますので、
お近くの加盟団体にお問い合わせください。


 
ブックレット版 「紙の機関車~日聴紙物語~」

 
日聴紙には、こんな波瀾に満ちた歴史があった!
 
日聴紙2001年6月1日号~2003年3月1日号の22回にわたって連載された漫画「紙の機関車」に解説などを増補。
読みやすいブックレットとして生まれ変わりました。

B5判美装、全56頁
価格/720円(税込、送料別)
企画編集/日聴紙編集部 
画/服部亜紀子
 
お申し込みはこちらまで。
 
購読お申し込みなど

掲示板は当連盟の新法人移行のため、リニューアル工事中

リンク先はFC2のサービスを利用しています。
 
お問い合わせ先
一般財団法人 全日本ろうあ連盟
京都事務所

〒602-0901
京都市上京区室町通今出川下ル
繊維会館1階
FAX/075-441-6147
TEL/075-441-6079
E-Mail/jdn@jfd.or.jp

携帯用サイト
 
編集部・事務所へのアクセスマップ
 
スポーツ委員会最新ニュース